調査研究レポート(第1回) 「日本のコワーキングスペースの現状と課題」

大都市政策研究機構では、調査研究の一環として、第21回日本テレワーク学会研究発表大会(2019年7月13日~14日)にて、「日本のコワーキングスペースの現状と課題」(市川宏雄理事長・三宅博史主任研究員)と題する研究報告を行いました。
その発表資料について、以下に掲載します(※詳しい報告内容については、後日掲載する予定です)。
→ 「日本のコワーキングスペースの現状と課題」(PDF)